プレッシャーに弱くても、精神力を鍛えなくても良い理由

一般的にはプレッシャーに弱いと。

 

「もっと精神力を鍛えないと」
「もっと強気で行かないと」
「もっと自信を持たないと」
「もっとポジティブにならないと」
・・・・・

 

こんな風に言われる事が多いと思います。
でも、実はそんな事ありません。

 

「精神力を鍛える」
「強気になる」
「自信を持つ」
「ポジティブになる」

 

こんな事する必要はありません。

 

そもそも。
精神力なんてどうやって鍛えたら良いかわかりません。
強気になろうと思って、強気になれるなら、苦労しません。
自信を持ちたくても持てないから困ってるんです。
ポジティブに考えたくてもついついネガティブになるんです。

 

少なくても、私はこう思ってました(笑)

 

いかがですか?
あなたはそう思いませんか?

 

でも、よく考えてみてほしいんです。

 

別に精神力を鍛えたいわけじゃありませんよね?

 

「試合になると実力が発揮できない・・・」
「大事な場面になるとプレッシャーに押しつぶされる・・・」

 

こんな悩みを何とかしたい。
それが本当の願いじゃありませんか?

 

だとしたら、別に精神力を鍛えなくても良いと思うんですが。
あなたはどう思いますか?

 

「試合で実力が発揮できれば」
「大事な場面でプレッシャーにつぶされなければ」

 

そうすれば、問題は解決です。

 

そんな方法は無いと思いますか?
でも、実はあるんです。

 

一般的には「メンタル=精神力または心」みたいに思われる事が多いですよね。
でも、それって本当でしょうか?

 

確かにそれらがメンタルに与える影響が大きいのは事実です。
でも、だからと言って、それが全てじゃないんです。

 

それに代わる力を鍛える事が出来れば、問題は解決します。
じゃ、それはどんな力か?

 

それは集中力です。

 

人は集中力が高まっている時、プレッシャーを感じません。
逆に集中力が下がるとプレッシャーを感じます。

 

この事は脳波の測定などで検証されています。
つまり、精神力を鍛えなくても、集中力を鍛え、α波状態に入ればプレッシャーを感じる事はなくなるって事です。

 

集中力は誰もが備えている力です。
特別な力じゃありません。

 

もちろん、あなただって磨く事が出来ます。

 

私自身、選手の頃はメンタルが弱いのが悩みでした。

 

その頃は。
「精神力が弱い事は情けない事だ」
「自信が持てないのはしょぼい事だ」
こんな風に思っていました。

 

だから余計にプレッシャーに強くなりたかった。
でも、今となっては「あんな事全く気にする必要はなかったなぁ」と思っています。

 

確かに今は試合で実力が発揮できていないかもしれません。
大事な場面ではプレッシャーに負けているかもしれません。

 

でも、気にする事ないです。
あなたにはそれに代わる長所がたくさんあります。

 

集中力もその一つです。
今はまだ、小さな種かもしれません。

 

ですが、今からそれを大事に育てましょう。
そして、磨き、研ぎ澄ましましょう。

 

そうすれば、自然と試合でも実力を発揮できるようになります。
長所を伸ばせば、自然と短所は消えていきます。

 

気が付けば、周りの人が「プレッシャーに強いね」と感心するようになります。
大丈夫です。
安心してください。

 

精神力が強いのか?
それとも、集中力が高いのか?

 

そんな物は周りの人にはわかりません。
周りの人は結果でしか、判断しませんからね。

 

メンタルタフネスなんてそんな物です。
心配しなくても大丈夫です。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「大脳生理学に学ぶ、テニスのメンタル」

ピンチに強く、チャンスを物にする強いメンタルタフネスは素質や才能ではありません。
トレーニング次第で誰もが身に着けれるスキルです。 そのトレーニングの為には日常生活での4つの習慣が効果的です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ