ラファエル・ナダルの名言

ダブルフォールトは終わったことだから忘れた。
我慢とは受け入れることだ。物事を思い通りにしようとせず、あるがままに受け入れる。

 

そして、後ろを振り返るのではなく、前を見る。
つまり、自分の置かれている状況を把握し、冷静に考えることだ。

 

 

 

テニスは瞬時に多くの情報を処理しなければならないゲームだから、勝つためには相手よりよく考えなければならない。
理路整然と考えるためには、冷静さを保たなければならない。

 

 

 

たとえどんなに苦境に立たされても、頭だけは冷静に保とうと心に決めた。

 

 

 

ウイニングショットを打てるチャンスが来る。
成功する確率は70%。
しかしあと5回我慢してショットを続ければ、確率は85%に上がる。
だから、注意深く、我慢強くチャンスを待つんだ。
焦ってはいけない。

 

 

 

忍耐力とは、肉体を酷使して戦い続け、絶対にあきらめず、良いことも悪いことも、良いショットも悪いショットも、幸運も不幸も、行く手に立ちはだかる心を乱すすべてに耐えることだ。

 

 

 

顔の表情は心の状態に大きく作用し、テニスプレーヤーの場合、身体にも影響を及ぼす。
つまり、試合中に平静を装い続けられれば、ショットの良し悪しや、ポイントの有無に気を取られず、目の前のことに全神経を集中できることになる。

 

 

 

勝利をもたらす感動は、それまでに費やした努力に直接比例する。

 

 

 

負けた経験が無ければ、勝った時の喜びは味わえない。
だから、両方受け入れなければいけないんだ。

 

 

 

1ポイントずつ、集中して、タフにプレーする。
つまらなく聞こえるかもしれないけど、コートに出てやるべき事はそういう事。

 

 

 

失う事は敵ではない
失う事を恐れることこそが敵だ

 

 

 

私を倒すことができるのは私だけだ。

 

 

 

言い訳を探している時間なんてない。

 

 

 

その日は一度きりしかないんだ。

 

 

 

自分のしていることを愛し、全ての瞬間に感謝するんだ

 

 

 

人生でもそうだと思うけど、大きな決断なんてない。
小さな決断の積み重ねで今が決まっている。
特にスポーツではその瞬間に出せる全力を、最初から最後まで出し続けることが大事なんだ。

 

 

ナダルは史上最強のクレーキングらしく、メンタルタフネスに関わる言葉をとてもたくさん発しています。
また、実際に自他ともに認める強いハートの持ち主です。
テニスのメンタルを学ぶには最も良いお手本かもしれません。

 

Rafael Nadal Parera カタルーニャ語: [rəfəˈɛɫ nəˈðaɫ pəˈɾeɾə] スペイン語: [rafaˈel naˈðal paˈɾeɾa], 1986年6月3日 - )は、スペイン・バレアレス諸島州マナコル出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス85勝、ダブルス11勝を挙げる。身長185cm、体重85kg。

 

グランドスラム優勝回数歴代2位(19回)、 史上7人目となるキャリア・グランドスラム達成者、全仏オープン最多連勝記録・最多5連覇含む12回優勝、オープン化以降最多のGS同一大会12回優勝、史上2人目となるキャリアゴールデンスラムを史上最年少の24歳3ヵ月で達成、2010年にはオープン化では5人目となる4大大会3冠達成、マスターズ1000では歴代最多となる35回の優勝記録を保持するテニス史上屈指の選手。

 

現在シングルス全85回優勝のうちの59回がクレーコートで、特にクレーコートに非常に強いことで知られ、クレーコート最高勝率、クレーコート81連勝、クレーコート50セット連続奪取、クレー大会である全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、マドリード・オープン、ローマ・マスターズ、バルセロナ・オープンの最多優勝記録・最長連覇記録などの数々の記録を更新している。

 

北京五輪シングルス・リオデジャネイロ五輪ダブルス金メダリストで、デビスカップスペイン代表5度の優勝に貢献している。


引用元:Wikipedia

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「大脳生理学に学ぶ、テニスのメンタル」

ピンチに強く、チャンスを物にする強いメンタルタフネスは素質や才能ではありません。
トレーニング次第で誰もが身に着けれるスキルです。 そのトレーニングの為には日常生活での4つの習慣が効果的です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ