ハレプから学ぶ、ショックから立ち直る方法

どんなプレーヤーでも、負ければショックを受けます。
また、期待が大きければ、大きいほどそのショックも大きいものです。

 

それはとても自然な事です。
精神的に弱い訳ではありません。

 

世界のトップ選手も負ければ、ショックを受けています。

 

元世界NO1のハレプもその一人。

 

2020年、全豪オープン準決勝。
ハレプはノーシードのムグルサと対戦します。

 

結果は7-6、7-5のストレート負け。

 

総獲得ポイントはムグルッサが90、ハレプが87
その差が僅か3ポイント。

 

試合後、ハレプはこう言っています。

 

「こういう負け方は余計にこたえる」

「今でも心が痛みます。私はこの結果を受け止めなくてはなりません。
人生は続くのだから。私は大事なポイントでもう少し勇敢にプレーできていたはずです。
でも、できませんでした。守りに入ってしまい、ポイントを支配できませんでした。
二人ともいいプレーをしたけれど、彼女の方が少し強かった。
大事なポイントで勇敢にプレーしました」
引用元:THE TENNIS DAILY

 

さて、ここから学ぶべき事があります。

 

それは大きく二つ。

 

一つはありのままの結果を受け入れる事。
そして、もう一つは前に進む事。

 

この二つです。

 

「メンタルが強い=ショックを受けない」
こんな風にイメージする人は少なくありません。

 

でも、それは勘違いです。
本当にメンタルが強い人はありのままの結果を受け入れる人です。

 

ありのままの結果に向き合えば、ショックを受けるのは自然な事です。
ショックを受けない事がメンタルが強い訳ではないのです。

 

この時のハレプも大きなショックを受けています。

 

でも、彼女は「人生は続く」と言っています。
悔しい敗戦を受け入れ、前を向いています。

 

彼女の素晴らしさはここです。

 

そして、これが私達が学ぶべき事です。

 

大切な事は
「ショックを受けない」
「落ち込まない」
事ではないんです。

 

ショックを受けて、落ち込んでも良いんです。

 

でも、そこから立ち直りましょう。
そして、また、前に進みましょう。

 

もちろん、また、悔しい敗戦を経験するでしょう。
この時もショックを受けても良いんです。

 

でも、今度はほんの少しだけ、早く立ち直るようにしましょう。

 

これを何度も繰り返し、続けていくんです。

 

そうして、これを繰り返しているうちに
だんだん、ショックを受けても、短い時間で立ち直れるようになります。

 

これが本当のメンタルの強い人です。

 

だから、決して、ショックを受けたらダメなんじゃありません。
ショックだったら、どんどん落ち込んでください。

 

でも、ひとしきり、落ち込んだら、前を向きましょう。
また、あなたの未来が見えるでしょう。

 

そこに向かって、歩き始めましょう。
私も応援しています。

 

 

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「大脳生理学に学ぶ、テニスのメンタル」

ピンチに強く、チャンスを物にする強いメンタルタフネスは素質や才能ではありません。
トレーニング次第で誰もが身に着けれるスキルです。 そのトレーニングの為には日常生活での4つの習慣が効果的です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ