「大事な試合なのに緊張して負けた」
「勝てそうなのにプレッシャーに負けた」

 

こんな経験をすると
自分は「精神的に弱い」と思ってしまう

 

気持ちはとても良く分かります。
私もそうでしたから。

 

 

試合はある意味、緊急事態。

 

勝ちたいと思えば、思うほど
緊急事態に拍車がかかります。

 

人は緊急事態になると本当の自分が出てきます。

 

 

普段は隠れて見えない自分。
そんな自分が顔を出し始めます。

 

負ける事への恐怖・・・
自分の評価の不安・・・

 

いろんな物が出て来るでしょ。

 

でも、良いんです。
それで。

 

だって、今から磨けば良いから。

 

 

メンタルタフネスや精神力は
「持って生まれた物」って思っている人がいるけど
それは勘違い。

 

初めての緊急事態で
落ち着いて対処できる人なんていやしないです。

 

 

パニックを起こして、
慌てて、判断間違えて・・・・

 

これが普通。

 

でも、緊急事態に慣れてきたら話は変わります。
だから、避難訓練するんです。

 

 

テニスのメンタルも基本は一緒。

 

緊急事態用にトレーニングして
慣れていけば良いんです。

 

 

ただ、避難訓練と違って、
メンタルはちょっと分かりにくいんです。

 

だから、どうすれば、
「試合の緊急事態に対処できるか」
分からないまま、悩んでる。

 

そんな人がとても多いです。
あなたもその一人かもしれません。

 

 

ちなみに緊急事態で最も大切な事は?

 

それは自分を信じる事です。

 

自分を信じられなくなったらお終い。
だって、迷うだけだから、

 

緊急事態は一瞬の判断、決断が物を言います。
そんな時に迷っていたら?

 

例え、正しい思考をしていても、
時間が足りなくなって、「万事休す」です。

 

 

だから、まず、自分を信じる事。

 

これが大事なんだよね。

 

 

でも、メンタルで悩んでいる人は

 

ここを勘違いしがち。

 

改善しようとするあまり、自分を否定しちゃう。

 

こんな人が少なくないです。

 

 

ても、本当は違うんです。
今まで以上に自分を信じてあげないと。

 

もしかしたら
今、プレッシャーで悩む理由は
自分を信じる力が弱かったのかも。

 

 

だとしたら
もっと自分を信じてあげてください。

 

大丈夫。
必ず道は開けます。

 

あなたにはそれだけの力が眠っています。

 

私も応援しています。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「大脳生理学に学ぶ、テニスのメンタル」

ピンチに強く、チャンスを物にする強いメンタルタフネスは素質や才能ではありません。
トレーニング次第で誰もが身に着けれるスキルです。 そのトレーニングの為には日常生活での4つの習慣が効果的です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ