テニスの名言

一流選手たちが残してくれた名言は宝の山のような物です。
そこには彼らが一流選手に進化した理由が隠されています。
私達がお手本にするには最も確かな物です。

 

一流選手が残してくれた名言をまとめていきます。

 

彼らの名言から本質を学び、少しでも彼らに近づきたい物ですね。

 

テニスの名言記事一覧

この一球は絶対無二の一球なり  されば身心を挙げて一打すべしこの一球一打に技を磨き体力を鍛え  精神力を養うべきなりこの一打にいまの自己を発揮すべし  これを庭球する心という。テニスファンなら一度は聞いた事がある言葉だと思います。ちなみに私は高校生の頃に読んだ「エースをねらえ」がきっかけです。この漫画の中にこの名言が出てきて、子供ながらにテニスの奥の深さ、その魅力に触れた気がします。また、松岡修三...

勝敗を分けるのはいつでもたった一球だ。だが、プレーをしているときは、どれがその一球か分からない。何よりも大切なのは、あなた自身がどうしたいかだ。勝ち負けなんか、ちっぽけなこと。大事なことは、本気だったかどうかだ!わがままではなく、あるがままに。本気になれば自分が変わる!本気になれば全てが変わる!!熱い男として有名な松岡修三氏彼はご自身でもおっしゃってますが、テニス選手としては決して器用な選手ではあ...

どれだけ負けていても、最後のボールまで僕は戦う。僕の最強のポイントは、しつこいところだ。試合では絶対にあきらめない。いつもうまくいくとは限らない。だから自信が必要になる。「私はできる」「私は勝てる」といつも思っていることだ。思うだけなら、誰でも出来るんだから。常に冷静沈着にプレーをし、そのプレースタイルから「アイスマン」も呼ばれた伝説のプレーヤーです。全仏6連覇、ウインブルドン5連覇しているその実...

勝っている時に楽しいのは間違いないよ。でも、それが試合を愛している理由ではない。君にとってベストな事を人生でやっていく上であきらめる事だけは絶対にしたくないはずだ僕にとってはそれがテニスだったんだ僕は、辛抱強くなるということを学んだ努力に逃げ道はないから、努力を愛すしかないのだ。時折、その日に君より上手くプレーできている相手を受け入れなければいけない。年月をかけてうまくできるようになったことは、痛...

ダブルフォールトは終わったことだから忘れた。我慢とは受け入れることだ。物事を思い通りにしようとせず、あるがままに受け入れる。そして、後ろを振り返るのではなく、前を見る。つまり、自分の置かれている状況を把握し、冷静に考えることだ。テニスは瞬時に多くの情報を処理しなければならないゲームだから、勝つためには相手よりよく考えなければならない。理路整然と考えるためには、冷静さを保たなければならない。たとえど...

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「大脳生理学に学ぶ、テニスのメンタル」

ピンチに強く、チャンスを物にする強いメンタルタフネスは素質や才能ではありません。
トレーニング次第で誰もが身に着けれるスキルです。 そのトレーニングの為には日常生活での4つの習慣が効果的です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ