ココ・ガウフのメンタルが強くなったきっかけとその理由

2020年全豪3回戦、ココ・ガウフVS大坂なおみ

2020年全豪3回戦、ココ・ガウフは大坂なおみに6-3、6-4のストレートで勝利しました。

 

この試合ほど、両者のメンタルの違いが分かりやすかった試合はあまりないかもしれません。

 

大坂なおみはアンフォーストエラーを重ね、ココ・ガウフは終始安定したプレーを披露しました。

 

実はこの結果は試合前から分かっていた事かもしれません。
両者のメンタルに大きな差があったからです。

 

ココ・ガウフ「自分に失うものはない」
大坂なおみ「15歳に負けるわけにいかない」

 

事前の準備でこのメンタルの違いは非常に大きいものです。

両者のメンタルリハーサルの違い

ココ・ガウフはこの試合の前、2019年の全米オープン、やはり大坂なおみと当たっています。
その時は6-3、6-0、時間にして65分。
大坂なおみが圧倒的な勝利を挙げています。

 

ココ・ガウフはこの事を踏まえ、
「お互い手の内を知っている。彼女は非常に攻撃的なプレーをしてくる。今回は自分がもっと積極的にいきたい」
「自分に失うものはない」
とチャレンジャーの準備をしています。

 

対する大坂なおみはどうか?
「15歳に負けるわけにいかない」と戦う前から結果に意識の焦点を合わせてしまいました。

 

これでは、試合中の意識は過去と未来をタイムトラベルします。
当然、集中力を高める事は難しくなります。

 

その結果、波の大きな不安定な試合をする事になりました。

ココ・ガウフはうつ状態に近かったと言う事実

この試合、ココ・ガウフは非常にレベルの高い安定したメンタルタフネスを発揮します。
でも、実は彼女は元々メンタルが強かったわけではないのです。

 

それは彼女自身が「まるでうつ状態だった」とコメントしている事からわかります。
彼女のコメントをご紹介します。

 

「これまでの人生で私はいつも、いろんなことを人よりも早くできていたので、そのことも余計にプレッシャーを大きくしていたと思うわ。人より早く、上手くやらなきゃいけないっていうプレッシャーよ」

 

「2017年から2018年頃、ウィンブルドンの直前まで、これは自分が本当にやりたいことなんだろうかとすごく悩んでいたの。自分が大好きだと思っていたことが、ちっとも楽しめなくなっていた。だから、他の誰かのためじゃなくて、自分のためにプレーする必要があると気付いたの。その間1年ぐらいは、まるでうつ状態だった」

 

ところがここから彼女は不死鳥のごとく復活します。

ココ・ガウフのメンタルが強くなったきっかけと理由

彼女が打つ状態から脱した理由を彼女自身はこのように話しています。

 

「義務感を捨てた時から結果を出せるようになった」
「そして、自分がやりたいことは何なのかじっくり考えた」

 

「座り込んで、あらゆることを考えて、たくさん泣いた。そんな時間を重ねて、私はもっと強くなれた、自分のことを前よりずっと理解できるようになった。よくみんなに聞かれるの、どうしてコート上で冷静でいられるのかって。それは暗い時代を乗り越えて、今の自分を受け入れたからだと思う」

 

彼女はまだ、15歳。
この年齢でこうして自分を冷静に振り返り、進むべき道を見つけ出した事は凄い事です。

 

天才と呼ばれたジュニア選手たちのほとんどがどこかで消えていきます。
その一番の理由はメンタルタフネスと言って良いでしょう。

 

でも、彼女は一つの壁を乗り越えました。
これからの彼女がより大きな可能性を手にしたのは間違いありません。

 

 

ところで、なぜ、彼女が壁を乗り越える事が出来たのか?
その理由を整理しておきましょう。

 

彼女は「義務感を捨てた」と言っています。
これは心理学でも良く言われる事です。

 

「義務感を持つとストレスになって、メンタルが不安定になる」
「だから、義務感を捨てろ」
と言うわけです。

 

ですが、事はそんなに簡単ではありません。
「捨てよう」と思えば捨てれるなら、誰も苦労はしません。

 

現実は中々捨てれるものではないのです。

 

では、なぜ、ココ・ガウフが捨てる事が出来たのか?
彼女のコメントからポイントが二つ読み取れます。

 

1.あらゆることを考えて、たくさん泣いた
2.今の自分を受け入れた

 

この二つです。

 

この二つはプレッシャーと正面から向き合わなければ、出来ない事です。
特に彼女が素晴らしかったのは「今の自分を受け入れた」事です。

 

「無い物ねだり」ではなく、「プレッシャーに押しつぶされそうな自分を受け入れたのです。
これこそが彼女のメンタルが強くなった理由です。

 

メンタルタフネスを求めると「無いものねだり」をする事が少なくありません。
つまり、強いメンタルを求めてしまうのです。

 

これは今の自分を否定する事になります。
その結果、メンタルは余計に揺れ動きます。

 

でも、彼女はそうはしなかった。
逆に弱い自分を認めてしまったのです。

 

もし、あなたがメンタルで躓いたら。

 

その時はプレッシャーを感じる自分を許してあげてください。
そして、そのままの自分を受け入れてあげましょう。

 

実はそれこそが強いメンタルに繋がる秘訣です。

 

安心してください。
あなたにもその力が備わっています。

 

焦らなくても、良いんです。
困った時は立ち止まってください。

 

人にはそういう時が必要なんです。
もちろん、あなたにもそんな時はあるんです。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「大脳生理学に学ぶ、テニスのメンタル」

ピンチに強く、チャンスを物にする強いメンタルタフネスは素質や才能ではありません。
トレーニング次第で誰もが身に着けれるスキルです。 そのトレーニングの為には日常生活での4つの習慣が効果的です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ