世界のプロテニスツアーの中で最も強いメンタルタフネスを持った選手は誰か?

 

この答えを出すのはとっても難しいですよね。
一流選手はみんなメンタル強いですから。

 

ちなみに、「完璧な選手を作るなら?」と言うインタビューにジョコビッチはこんな風に答えています。

 

フォアハンド:ラファエル・ナダル
バックハンド:ダビド・ゴファン
才能:フェリックス・オジェ アリアシムとデニス・シャポバロフ
メンタル:ナダル
身体能力:ガエル・モンフィス
サーブ:ニック・キリオス
リターン:自分(ジョコビッチ)
ボレー:ピエール ユーグ・エルベールとニコラ・マウ
フットワーク:ゴファン、ナダル、自分、オジェ アリアシムを組み合わせる

 

彼はメンタルをナダルと答えていますね。

 

では、当の本人は同じインタビューにどうこたえているか?

 

バックハンド:ノバク・ジョコビッチ
フォアハンド:ロジャー・フェデラー
サーブ:イボ・カルロビッチ
メンタル:自分(ナダル)
フィットネス:ドミニク・ティーム
スピード:ガエル・モンフィス
ショットセレクション:アンディ・マレー
テニスへの姿勢:ダビド・フェレール
ヴィジョン:フェデラー

 

このように、ナダル自身も自分のメンタルには自信を持っています。

 

世界NO1とNO2が認めている訳ですから、ナダルのメンタルは相当凄いのは間違いないですね。

 

ちなみにジョコビッチは「彼は絶対に諦めないし、ファイティングスピリッツをいつも持っている」と絶賛しています。

 

さて、ここで大きなポイントが出てきました。

 

ジョコビッチは「ナダルは絶対に諦めない」と言っています。
と言う事は逆に考えれば、「他の選手は諦める事がある」って事ですよね。

 

実はここが非常に重要です。

 

「精神力が強い」
「メンタルが強い」
と聞くと、何となく「プレッシャーに打克つ」みたいなイメージはありませんか?

 

確かにそれも間違いじゃありません。
でも、ジョコビッチはそうは言ってないんです。

 

「諦めない事」を絶賛しているんです。

 

確かに「望みが無くなったら、諦めたくなる」
その気持ちはわかります。
私も同じです。

 

でも「プレッシャーに打克つ」のと比べるとまだ、こちらの方が出来そうです。
プレッシャーに打克つって頑張っても、どうやれば、打克てるか、わからなくないですか?

 

もちろん、とんでもなく強い相手に当たれば、「もう、お手上げ」ってなりますよね。
でも、競っている相手の時はどうでしょう?

 

競ると言う事は「それほど大きな差は無い」って事です。
そう考えると諦める必要はないですよね。

 

実はここにメンタルタフネスが隠れているんです。

 

良いんです。
プレッシャーに強くなくても。

 

良いんです。
すぐにビビっても。

 

良いんです。
チャンスを決めれなくても。

 

でも、諦めちゃ駄目なんです。

 

とにかく、諦めない事。
ナダルはこれが世界一なんです。

 

 

まずは「小さな事を諦めない」
これなら、出来ると思いませんか?

 

でも、侮るなかれ。

 

毎回、毎回、小さな事を諦めなければ、やがて、大きな事も諦めなくなります。
どうしてって、諦めない癖が付くからです。

 

始まりはいつも小さな事なんです。

 

今日から「小さな事を諦めない事」に挑戦してみませんか?

 

大丈夫。
あなたなら、きっと出来ます。

 

私も応援しています。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「大脳生理学に学ぶ、テニスのメンタル」

ピンチに強く、チャンスを物にする強いメンタルタフネスは素質や才能ではありません。
トレーニング次第で誰もが身に着けれるスキルです。 そのトレーニングの為には日常生活での4つの習慣が効果的です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ