福田雅之助の名言

この一球は絶対無二の一球なり

 

  されば身心を挙げて一打すべし

 

この一球一打に技を磨き体力を鍛え

 

  精神力を養うべきなり

 

この一打にいまの自己を発揮すべし

 

  これを庭球する心という。

 

 

テニスファンなら一度は聞いた事がある言葉だと思います。

 

ちなみに私は高校生の頃に読んだ「エースをねらえ」がきっかけです。
この漫画の中にこの名言が出てきて、子供ながらにテニスの奥の深さ、その魅力に触れた気がします。

 

また、松岡修三氏が座右の銘にしているのも有名ですね。

 

この名言は福田雅之助氏が母校の早稲田大学庭球部の部員に贈った言葉だそうです。

 

書かれている言葉はテニスに関するアドバイスですが、その意味は人生全てに繋がる格言のようでもあります。
いつも心に留めておきたい名言です。

福田雅之助とは?

福田 雅之助(ふくだ まさのすけ, 1897年5月4日 - 1974年12月21日)は、東京府豊多摩郡戸塚村(現在の東京都新宿区西早稲田)出身の男子テニス選手である。全日本テニス選手権の第1回大会男子シングルス優勝者。

 

引用元:Wikipedia

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「大脳生理学に学ぶ、テニスのメンタル」

ピンチに強く、チャンスを物にする強いメンタルタフネスは素質や才能ではありません。
トレーニング次第で誰もが身に着けれるスキルです。 そのトレーニングの為には日常生活での4つの習慣が効果的です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ