フェデラーに学ぶメンタルスキル

生きる伝説とまで言われるフェデラーですが、彼から学べる事は数限りがありません。
ですが、中でも特にメンタルスキルには注目するべきです。

 

ちなみに彼はこんな事を言っています。

 

「負けることもテニスの一部だ」

 

つまり「勝つ事ばかり」ではなく、「負ける事」をちゃんと受け入れているんですね。

 

実は強いメンタルタフネスを身につけるにはこれはとても大切な事です。
強いメンタルの為には「常に勝ちを求める」べきだとイメージしがちです。

 

でも、実は違うんです。

 

そんなフェデラーのコメントから、私達も参考にするべき大切な事を紹介したいと思います。

 

「不安は必要だと思う。試合の前に緊張したり、コート上を歩きながら、自分の手が汗で冷たくなるのを感じたい」

 

いかがですか?
もちろん、これもフェデラーの言葉です。

 

彼が「不安になって、緊張する。そして、手に汗をかく」なんて想像できますか?
でも、彼自身がそう言ってるんです。

 

ただ、こんな事も言っています。

 

「テニスは最高だ。常に緊張感に溢れている。勝とうが負けようが、僕はずっとこのスポーツと関わっていくと決めたんだ」
そして、「不安になって、緊張するのがテニスの魅力だ」とも言っています。

 

ここが素晴らしいところだと思います。

 

私なら「不安になって、緊張するのが怖いから、普段と同じようになりたい」って思います(笑)
あなたはいかがですか?

 

でも、そんな方多いと思うんです。

 

不安や緊張を認めるか?
それとも。
不安や緊張を取り除こうとするか?

 

この違いは非常に大きいですよね。

 

でも、フェデラーでさえ「不安になって、緊張する」と聞くとちょっと安心しませんか?(笑)
私は超安心しました(笑)

 

「フェデラーでさえ、手に汗をかくんだから、私が緊張するのは当然だな」
と思えたら、気が楽になるじゃありませんか。

 

もし、あなたが。
「メンタルを強くしたい」
「精神力を鍛えたい」

 

こんな風に思うなら、フェデラーの言葉を思い出してください。

 

不安になっても良いんです。
緊張しても良いんです。
ビビって、打てなくなっても良いんです。

 

実は何も自分を変える必要はないんです。

 

精神力を鍛えたり。
心を鍛えたり。

 

実は、メンタルタフネスはそんな事じゃ手に入りません。

 

そんな事をしなくても、あなたはあなたのままで良いんです。
あなたのままで、プレッシャーに強くなる事は出来るんです。

 

「精神的に弱い」
「プレッシャーに弱い」

 

こんなところばかり見ていませんか?

 

あなたの良いところを探し、伸ばしましょう。
それがプレッシャーに強くなる突破口になります。

 

人は良いところを伸ばせば、どんどん変わっていきます。
やがて、大きな困難にも立ち向かえるようになります。

 

焦らないでください。
まずはあなたの良いところを探し、伸ばしましょう。

 

大丈夫です。

 

必ず、望む自分になれます。
陰ながら応援しています。

無料メルマガ「大脳生理学を応用したフィーリングテニス」

テニススクールやノウハウDVD、youtube動画では学べない大脳生理学を応用した最新テニス上達法
一般常識の真逆の上達法なら伸び悩んでいるあなたもグングン上達する事が可能です。

無料レポート 「大脳生理学に学ぶ、テニスのメンタル」

ピンチに強く、チャンスを物にする強いメンタルタフネスは素質や才能ではありません。
トレーニング次第で誰もが身に着けれるスキルです。 そのトレーニングの為には日常生活での4つの習慣が効果的です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ